• 北朝鮮の人権問題に取り組む国際NGOの総会 in ソウル
  • 強制収容所を経験した脱北者の話を聴く学習会
  • 北朝鮮の人権問題に取り組む国際NGO(ICNK)の総会にNoFenceから5名参加
  • 専修大学の教室を借りて証言学習会

NO FENCEとは

NO FENCE 代表の小川晴久です

「アウシュヴィッツの悲劇をくり返してはならない」

この考えを否定する人はいないはずです。

ところが、日本から飛行機で3時間の距離にある北朝鮮に地獄のような強制収容所が今も存在するのです。

そこでは数万人の人が北朝鮮の政治体制に従順でない等の理由で閉じ込められ、組織的な飢えと拷問、強制労働に苦しんでいます。

私たちは世界人権宣言を根拠に、北朝鮮の強制収容所廃絶を最優先の目的として活動しています。

6.12朝米首脳会談に関するNO FENCE声明

6.12朝米首脳会談に関するNO FENCE声明

Wordファイル

2018年6月12日,史上初の朝米首脳会談がおこなわれ,両首脳は共同声明に署名した。しかし,この共同声明に「人権」の文言はなく,北朝鮮における深刻な人権弾圧をやめさせる手がかりを全く見出すことができない。そればかりか,体制保障や経済協力の形で,金正恩の恐怖体制を支援する動きがつくられようとしている。

強制収容所をはじめとする金正恩政権の人道犯罪が続くかぎり,北朝鮮の民衆に「平和」な生活が訪れることはありえない。したがって私たちは,この共同声明を,朝鮮半島に平和をもたらすものと評価することはできない。

そもそも,「非核化」が最大の焦点となった今回の朝米対話の動きは,現体制を維持・強化しようとする金正恩政権の目論見にそのまま従ったものであった。核・ミサイルの軍事的挑発によって危機を生み出し,「非核化」に関心を集中させたうえで対話に乗り出すまでが,首尾一貫した一連の戦略パッケージである。その「成果」として金正恩政権は,自ら犯している人権弾圧から世界の目をそらすことに成功し,さらに現体制を維持・強化するための政治経済的資源をも引き出しつつある。

もちろん,金正恩政権の目論見に合致しているからといって,対話すること自体が誤りとは限らない。あえて対話に臨むことで,交渉を利用して人権改善の要因を押し込むという戦略も残されている。しかしトランプ政権が実際にやったことは,朝米合意を成立させて自らの「成果」を誇示するために,金正恩政権と手を結んで,人権問題を単なる“余談”におとしめることだった。現時点では,そう評価するほかない。

最大の焦点とされている「非核化」も,北朝鮮の人権抑圧体制が続くかぎり,演出以上のものにはならないだろう。情報統制の徹底された現体制のもとでは,秘密裏に核開発を続けることなど容易である。私たちがたびたび訴えてきたように,金日成・金正日・金正恩の3代にわたる核開発は,核・ミサイル施設における政治囚の強制労働と抹殺を含む,人民の甚大な犠牲の上に成り立ってきた。北朝鮮の人々に言論の自由があれば,このような核開発は不可能である。

だから,人権の実現は非核化の前提条件であり,人権問題こそが最優先課題にならなければならない。人権問題を脇において,「非核化」が最優先課題だと思い込むこと自体が,危険な誤りといえるだろう。トランプ政権のみならず,日本政府やメディアに対しても,私たちは軌道修正を求めたい。

これから始まるという「非核化」の過程を,単なる演出に終わらせないためにも,北朝鮮に人権を実現することが緊急の課題である。核査察だけでなく,人権査察,強制収容所の査察を遂行すべきである。強制収容所をはじめとする金正恩政権の人権弾圧をやめさせるために,国際社会が一丸となって努力するよう,私たちはあらためて呼びかけたい。

人道犯罪に手を染める独裁者の「主権」を尊重し,声なき民衆を見殺しにすることを,「内政不干渉」の名分で正当化してはならない。人権に国境はない。今こそ国際社会は「保護する責任」の原則にもとづき,金正恩政権の暴政に果敢に干渉すべき時である。

2018年6月13日 NO FENCE

 

 

Statement on the June12 North Korea-United States summit

Download Word Doc

On June 12, 2018, the North Korea-United States summit was held, and the two leaders signed a joint statement. However, there is no wording of "human rights" in this joint statement, and we cannot find any clue to stop dire repression against human rights in North Korea. Besides, in the form of security guarantees and economic cooperation, a move to support the fear regime of Kim Jong-un is being created.

As long as political prison camps exist, there never comes any "peaceful" life for the people of North Korea. Therefore, we cannot evaluate this joint statement as to bring peace to the Korean Peninsula.

In the first place, the present move to start dialogue between North Korea and the United States, with the "denuclearization" at the top priority in negotiation task, was in line with the strategy of the Kim Jong-un administration. Creating a crisis by military provocation with nuclear weapons and missiles, thus concentrating the world's attention on "denuclearization", and then engaging in dialogue; these were the consistent series of tactics. As a result, Kim Jong-un administration succeeded in diverting the world's eyes from the human rights problems, and also in gaining political and economic resources for maintaining its political system.

Of course, it does not necessarily mean that dialogue itself is erroneous. Through negotiations, there can be chances to force the Kim Jong-un administration to commit to improve the human rights situation. However, what the Trump administration actually did was to join hands with the Kim Jong-un administration to exclude the human rights issue, in order to conclude the agreement and show off its "success".

As long as the current political system in North Korea persists, "denuclearization" will be only a spurious one. Under the system where information is totally controlled, it is easy to continue its nuclear development secretly. As we have frequently appealed, the nuclear development in North Korea has been built on the people's enormous sacrifice, including forced labor and elimination of political prisoners at nuclear and missile facilities. If North Korean people have freedom of speech, such a nuclear development is absolutely impossible.

Therefore, realization of human rights is a prerequisite for denuclearization, and human rights issue should be the top priority. It should be a dangerous mistake to think, putting human rights issue aside, that "denuclearization" is the top priority. We request the course correction not only to the Trump administration but also to media and citizens as well.

It is an urgent task to realize human rights in North Korea so as not to bring to the "denuclearization" process an end of a mere political maneuver. We appeal that not only nuclear inspection but also inspections on political prison camps should be carried out. We call on here again to the international community that we should work together to abolish political prison camps, the biggest obstacle to human rights progress in North Korea.

It should not be justified in the name of "the principle of non-interference" to pay respect to the "sovereignty" of the dictator, and to leave the voiceless people to their fates. There is no border in human rights. It is time now for the international community to boldly interfere with the tyranny, by the principle of the "Responsibility to Protect".

NO FENCE June 13, 2018