ブログ

北の核実験から考える

北の核実験から思うこと

北朝鮮の核実験場に隣接して16号強制収容所がある。境となる鉄条網からはわずか3kmほどの距離だ。

近年他の収容所が解体されたり(2012年 会寧22号収容所)、
隠蔽工作で一部区域が解体されたが(2014年 耀徳15号収容所)、
それに伴って囚人の一部が16号にも送られたとの情報を当方は入手している。

実際、衛生写真を解析すると、16号収容所に新たな建物が建ち、拡張しているのが確認できる。

この16号収容所と核実験場との関係は如何なるものか。

秘密保持を要する、甚大な被曝を伴う作業に、体制にとって死んでも構わない、隣接する収容所の囚人たちが動員されていると想定するのに無理はないだろう。

近年、北朝鮮の人権状況に国際社会の厳しい眼差しが向けられるにようになった。その最大の焦点の一つが山間の収容所である。

その国際社会の目を意識して、北朝鮮が隠蔽、偽装の動きを取っていると述べた。

その一環として、核実験の度に「まとめて始末を付ける」などということが起きていなければよいのだが。

 

2016年1月6日 NO FENCE事務局長 宋 允復

12月12日(土)NO FENCE 集会報告

NO FENCE集会報告

北朝鮮の第14号と第18号政治犯収容所を体験し生き延びた脱北者の金龍さんの壮絶体験を聞く緊急集会を12月12日午後1時半から人権ライブラリーで開催しました。お知らせが直前になったことや、政府主催の拉致対策の集会と重なったこともあり、参加者が少ないのではと心配しましたが、予想以上の参加者で充実した時間になりました。

12月5日(土)NO FENCE共催イベント報告

12月5日(土)北朝鮮人権侵害啓発週間イベント(NO FENCE共催)無事終了

耀徳政治犯収容所体験者で脱北者である鄭光日(チョン・グァンイル)氏を招いて北朝鮮の拘禁施設の実際について聞くイベントを北朝鮮難民基金等が主催、NO FENCEは共催で実施しました。

コラムニストの勝谷誠彦さんもインタビュアーとして参加、ほぼ実物大の懲罰房を参加者に体験してもらったり、貴重な時間となりました。

 懲罰房を使って鳩拷問の体験

 

 

ページ