• 北朝鮮の人権問題に取り組む国際NGOの総会 in ソウル
  • 強制収容所を経験した脱北者の話を聴く学習会
  • 北朝鮮の人権問題に取り組む国際NGO(ICNK)の総会にNoFenceから5名参加
  • 専修大学の教室を借りて証言学習会

NO FENCEとは

NO FENCE 代表の小川晴久です

「アウシュヴィッツの悲劇をくり返してはならない」

この考えを否定する人はいないはずです。

ところが、日本から飛行機で3時間の距離にある北朝鮮に地獄のような強制収容所が今も存在するのです。

そこでは数万人の人が北朝鮮の政治体制に従順でない等の理由で閉じ込められ、組織的な飢えと拷問、強制労働に苦しんでいます。

私たちは世界人権宣言を根拠に、北朝鮮の強制収容所廃絶を最優先の目的として活動しています。

9月21日(土)講演会

9/21(土)講演会

 

元平壌エリート脱北者による
北朝鮮の現状レポート
韓国最高裁の徴用工判決に対する経済報復措置から軍事情報保護協定破棄など、
日韓の軋轢が高まる最中にも
新型ミサイルの発射試験を重ねて韓国を威嚇し、米国への露骨な非難を再開した北朝鮮。  
いまその国内で何が進み、何をもくろんでいるのか。
かつてミサイル開発にも関わった匿名の元平壌エリートに聞きます。
 
※韓国からウェブ中継です。
 
日時:9月21日(土)13:30~16:30
会場:人権ライブラリ―
http://www.jinken-library.jp/access
参加無料・事前申し込み不要
言語:韓国語/日本語 通訳
主催:NO FENCE